漫画・アニメ

「地縛少年花子くん」原作を読んでほしい理由

はじめに

こんにちは!

今回は、2020年1月から1アニメが放送開始された「地縛少年花子くん」の原作の魅力を伝えたいと思います。

アニメで少しでも面白いと思った方にはぜひ原作を手に取っていただきたいです!

花子くんに魅了されて、今まで漫画をほとんど買ったことなかった私が一気に全巻揃えて、今では本誌を買って最新話を読む始末です。(前巻そろえたのは初めて)アニメは比較的よく見るのですが、アニメだけ見て満足してしまうんですよ。

とても面白く3周、3周ほどしたアニメもいくつかありますが、どれも漫画を買うに至ってません。

そんな筆者が全巻買ってしまうのですから、「地縛少年花子くん」めちゃくちゃ中毒性あります。


男性よりは女性の方がはまりやすいストーリーだと感じます。

少しでも多くの方に原作の漫画を手に取っていただき、すばらしさを共有できたらと思いこの記事を書かせていただきました。興味を持っていただけたら幸いです(*^^*)

こちらの記事を書くにあたって、できるだけ原作のネタバレをしないようにと心がけましたが全くネタバレがないわけではないので気を付けてください。

概要

作品について

『地縛少年花子くん』はあいだいろ先生が『月刊Gファンタジー』にて2014年7月から連載している漫画です。

かわいくて面白いけど切ない!ハートフル便所コメディです(笑)

2020年5月27日には13巻の発売されました!

あらすじ

大根足がチャームポイントであるかもめ学園高等部一年生の八代寧々(やしろねね)が憧れの源先輩と付き合いたいと、代償の代わりになんでも願いを叶えてくれると噂の七不思議 トイレの「花子さん」を呼び出します。

見事「花子さん」を呼び出すことに成功する八代ですが、なんとその花子さんは男の子!

恋に恋する八代寧々と怪異の花子くん、そして愉快な仲間たちの物語です。

この記事を読んでいる方はほとんどあらすじは知っておられると思うので、細かいことは割愛させていただきます。

原作を買うべき理由

1.イラストが素晴らしい

アニメの作画もきれいでとても惹かれたのですが、やはり原作のイラストの魅力を表現できていなかったように思います。(もちろんどちらにも違った魅力があるのですが…)

地縛少年花子くんの原作が好きな方でイラストに惹かれたという方は特に多いように感じます。

あいだいろ先生のイラストは独特なのでアニメでの作画に違和感を感じた方も多かったようです。←筆者がネット上の反応を見て感じた主観なので何とも言えませんが…

ネット上でも原作のイラストは見ることができるので原作のイラストくらい見たことあるよという方も多いかもしれませんが、実際にストーリーを読みながらそのイラストを見るのとでは全く感じ方も変わると思います。

登場人物の繊細な表情だったり見入ってしまいます。よりストーリーに引き込まれることまちがいなしです!

 

余談ですが、あいだいろ先生の公式ツイッター(@aidairo2009)では頻繁に先生がイラストを投稿してくださっているので要チェックです!

先日は「オペラ座の怪人」を舞台としたストーリーをアンケートにて参加型で楽しませてもらいました!!気になる方はぜひそちらのストーリーも見てみてくださいね。

あいだいろ先生の画集も発売中です!

2.アニメでは描かれなかったストーリーに詰まった魅力

アニメで放送された「地縛少年花子くん」は原作の単行本だと1巻~7巻に相当するのですが、原作の内容は大幅にカットされています!順番も少々入れ替わったりしています。

なかでも、花子くんと源先輩との絡みがカットされたのは原作ファンからはなかなかの衝撃だったようです。←この時点で私は原作を読んでいなかったので違和感なかったです(汗)

もちろん、アニメは全12回の放送の中で納めなければならないので原作のすべてを取り入れることは難しいです。

アニメ最終回後の「花子くん放課後ラジオ」ではMCの緒方恵美さん(花子くん)、ゲストの安藤正臣さん(アニメ監督)、比嘉雄二さん(アニメーションプロデューサー)の対談が放送されました。

その対談でも、

「全12話の中できれいに始めと終わりを作ることが難しかった。」

「ミツバくんと光くんの関係をどううまく収めるかかなり悩んだ」

というようなことを語っておられました。←記憶力悪くてニュアンスで申し訳ないです…

 

 

実は筆者が漫画の原作を買ったのもアニメ化されなかったストーリーがきっかけなんです!

ネットで花子くんのことを調べていたところ(アニメ5話放送後くらいの時)、ちょっとしたネタバレを目にしてしまったんですね。そのネタバレというのが、花子くんの過去と寧々ちゃんの関係なんですね!(8巻の部分です)

ここではネタバレになってしまうのでこれ以上細かいことは言いませんが、ぜひ、、ぜひに原作を読んでいただきたい!後悔しませんよ。

私はひとり8巻を読みながら叫びましたよ。。。

それ以外も終始叫んで悶えながら読んでましたね。読みだしたら止まらないです。

筆者のつけてる5年日記に花子くん原作を読んだ日は花子くんのことしか書いてなかったです(笑)

3.考察、妄想が楽しめる

最後に、考察や妄想が楽しめるという点です。

「地縛少年花子くん」はアニメでも原作でも明かされていない謎がかなりたくさんあるんです!(ほかの七不思議は?花子くんの過去は?つかさって?七峰先輩は怪異なの?などなど)

アニメの最終回でも少し今後を匂わせるような終わり方でしたよね。

原作ではアニメより明らかになった部分もありますが、新たに謎が出てきて続きが気になってしまうんですね…

その謎について自分でも色々考えましたし、ネット上の様々な考察を読んで「なるほど、そういう考えがあったか!」と、それだけでもかなり楽しんでます。

オペラ座花子くん(あいだいろ先生公式ツイッターをチェック)でも感じましたが、あいだいろ先生は本当にうまく読者を惹きつけます!読者に考えさせるのが上手なんですよ。←誰目線

 

それに、花子くんと寧々ちゃんの関係を考えると、妄想せずにはいられませんよ。ツイッター上では、様々な妄想も飛び交っているためそれを読むのもとても楽しいです←変態の思考

アニメを見終わった段階でもそれなりに妄想もできるし考察のし甲斐もあるかと思いますが、原作を読んでからだと段違いだと思います!何倍も楽しいです。

自信を持って言えます。

最後に

いかがでしたでしょうか。読みたくなっていただけましたか?

正直ネタバレを気にして書きたいことすべてをかけなかったので、しっかり伝えられたかわかりませんが原作を買って後悔はしないだけはっきり言えます。

原作をお勧めするという点で、アニメの面白かった点をなかなか取り上げませんでしたが素敵なキャラクターがしゃべって動くアニメはやはり最高でした。

個人的にはエンディングの「Tiny Light」が大好きでめっっちゃリピートしてます(笑)

エンディングの映像もストーリーととてもマッチしていて、八代寧々の声優である鬼頭明里さんが歌っているというのもエモいですよね!!!!

この記事を読んで「地縛少年花子くん」の原作に少しでも興味を持っていただけたら嬉しいです。

最後まで読んでくださりありがとうございました。