雑記

毎日日記をつけるメリットは?日記をつけ始めて半年の私が思うこと

はじめに

こんにちは!シロです。

皆さんは日記をつけておられますか?毎日日記をつけているという方は少ないのではないでしょうか。

  • 「日記をつけるといい」っていうのは何となく聞いたことはあるけど、実際どんないいことがあるのかわからない。
  • 毎日続けるのは大変そう。

そんな方に、日記のメリットを紹介したいと思います。

実際私はめんどくさがり屋で何かを続けることはあまり得意ではないのですが、8ヶ月ほど前から5年日記をつけ始めて今でも毎日日記を書いています!

日記をつけるメリット

行動を習慣化できる

日記をつけることでダイエット、勉強、読書など様々なことの習慣化につながります。無意識の行動を日記に記録することで意識化することができます。

そうすることで自分の現状と目標のギャップが明確になり、目標まで何をすればいいのか考えるきっかけになります。

モチベーションも上がります。

私も日記をつけることで、ブログ更新を習慣化させることに生かしてます!

心にも体にもいい

日記を書くことには自律神経のバランスを整える効果があります。

自律神経は交感神経と副交感神経からなり、これらの2つのバランスが崩れると体調を崩したり、イライラしやすくなったり、眠らなくなったりといった影響が出てきます。

様々な感情、疑問、不安などをひたすら紙に書きだしていく「ジャーナリング」という方法があります。ジャーナリングを行うことでコルチゾールというストレスを感じているときに分泌されるホルモンが減少するという研究結果もあります。

また、紙に書きだすことで自分の感情を客観視することにもつながり、より良い考え方に導くことができます。

日記をつけることは自分の心と向き合う機会を与えてくれるんですね。

要約

健康面では自律神経のコントロールストレス解消精神安定などの効果をもたらす

日記をつけ始めて、どんなことでも前向きに捉えて失敗で落ち込むのではなく次に生かすことへ重点を置くことができるようになりました。私にとってはこれが日記をつける一番のメリットです。

頭がよくなる

「頭がよくなる」というのは少しおおざっぱすぎますが具体的には、文章力、要約力や語彙力の向上記憶の定着などです。

日記を書くには、自分の頭の中で文章を組み立てる必要があります。毎日の繰り返しによいり言いたいことをうまく伝える文章が書けるようになります。書くだけではなく、口頭で相手に伝えることにも生きてくるはずです。

また、新しいアイディアを生み出す手助けもしてくれます。

先ほども紹介しましたが、日記を書くことは自分と向き合うことでもあります。日記を通して自分と向き合うことで、本当の意味で賢い人になれるでしょう。

振り返ると楽しい

日記を振り返ると「この日はこんなことがあったのかぁ」「この頃はこれにハマってたのか」など、すぐ忘れてしまいそうな出来事や小さな幸せも思い出せてそのたびに嬉しい気持ちになります。

例え嫌なことしかなかった日の日記だったとしても振り返って読んだ時には案外いい思い出になっていたりします。辛かったことも、「このころの自分よく乗り越えたな‼」と思うことができます。

日記が続けられるか不安な人へ!続けるコツ

気に入った日記帳にする

お気に入れにデザインの日記を買ってみたり、自分の好きなようにデコレーションしたりすると愛着がわいて日記をつけるモチベーションも上がります!

実際に私も日記のデザインは気に入るものを見つけるまで妥協はしませんでした。また、一番最初の見開きが空欄なのでお気に入りのステッカーを貼っています!(何のステッカーかって?ーそれは内緒です♪)←誰もそんなの興味ないよ…

くだらない一人ツッコミ失礼しました(汗)

でも、実際これだけで日記付けるのが楽しくなりますよ!

1日書き忘れたくらい気にしない

私も半年ほど日記をつけただけで一日書かなかったことなんて何度もあります。その時は次の日にまとめて書いたりしました。

3日連続書かなかったこともあります(汗)←それはさすがに…

筆者の例は少し極端かもしれませんが、「毎日書く」ということがすべてではありません。書かない日があったのならその日はそういう一日だったのです。言い換えてしまえば書かなかったこともまた大切な記録です。

書くことを楽しむ

せっかく書くのなら楽しんで書きましょう。ポジティブなことを書くだけで気持ちも元気になります。

無理にしっかり書こうと思ったり、考えすぎてしまうと意外と時間がかかってしまい書くことがめんどくさくなりがちです。(私も考えすぎて10分以上かかったこともありますが、日記を書くことに疲れてしまいます。)

しっかり一日を振り返って書くことは素晴らしいことですが、それが原因で日記をつけなくなってしまえば本末転倒です。

慣れるまではに2、3行でも大丈夫です。細かいことは気にせず書きたいように書きましょう!

おすすめの日記帳

日記をつけるといっても最近ではスマホでも簡単に日記がつけられますし、市販でも様々な商品があるので迷ってしまいますよね。

中でも私のおすすめは連用日記です!

5年日記や10年日記と言うものを聞いたことがありますか?これらは連用日記とも呼ばれ、毎年同じ日の日記を同じページに書けるというものです。

↓わかりやすいように私の使っている5年日記の写真を載せておきます!

こんな感じで日付を自分で入れられるものもあるので、手帳のように年度始めなど時期を選ばずにいつでも始めることができます。

「ちょうど一年前のこの日はこんなことがあったのか」なんて思いだしたりするのってなんだか楽しくありませんか?

それに、去年はこのころに夏布団に変えたんならそろそろ準備しないとなど気づくこともできます。

スマホの日記アプリも充実していますが、実際に紙に書くことで得られる効果もたくさんあります。持ち運びに不便だったり、置き場所をとるというデメリットはありますが、ぜひ紙の日記を購入してみてください。

今回紹介した連用日記だけでもたくさんの種類がありますし、日記という括りだけで見れば本当に選り取り見取り。皆さんもお気に入りの日記帳を見つけてみてくださいね!

おわりに

 

日記を書くことに興味を持っていただけたでしょうか?

色々書きましたが、細かいことにこだわらなくていいんです!

日記は毎日を良いものにする手助けをしてくれていると思っています。実際、日記をつけ始めてから、楽しく過ごせることが増えました。

自分がポジティブになれる、これからに生かせると思う方法で日記を楽しんでいただければと思います。この記事が少しでもその参考になればとても嬉しく思います(^^)

最後まで読んでくださりありがとうございました。