漫画・アニメ

夏目友人帳の魅力~漫画・アニメ好き必見~

今回はアニメ化もされている漫画「夏目友人帳」について、その魅力をお伝えしたいと思います!

私が人に漫画・アニメをおすすめするなら、真っ先に「夏目友人帳」を挙げます。

夏目友人帳とは

緑川ゆき先生が手がける漫画です。「LaLa」という月刊少女漫画雑誌で連載中です。現在(2019年4月)漫画は23巻まで出版されており、アニメも第6期まで放送されています!さらに、昨年秋には劇場版もロードショーされました。

 

簡単なあらすじ

主人公である夏目貴志は生まれつき妖が見えるという能力を持っており、それによりいじめられます。両親も早くに亡くした夏目は、親戚の家をたらい回し。そう言ったことが重なり、夏目は内気な性格へ。

しかし、高校生になったある日、同じく妖を見ることのできた祖母・レイコの遺品でありそこに名前のある妖を従えることが出来るという“友人帳”を見つけます。それ以降、妖に追われる毎日。

そんな中、夏目の死後に友人帳を譲るという約束で用心棒となったニャンコ先生と出会います。そうして、人や妖との関わりも増え、次第に明るい性格になっていく夏目。

そんな夏目の人と妖との関わりを描いた物語です。

夏目友人帳の魅力3点

温かいストーリー

夏目友人帳はどこか懐かしさを感じさせ、見た人の心をやさしい気持ちにしくれます。

他の人に見えないものが見えるという理由で昔から孤独を感じていた夏目。夏目と同様に「他人から理解されない」、「どうして自分だけ」、「本当の自分を知られたくない」と、どんな人でも大なり小なり思ったことがあるのではないでしょうか。

また、夏目は優しいが、少し近づきがたさを感じさせます。昔の経験から、友人たちにも遠慮しがちでなかなか本音を言えません。夏目のように本当の自分を知られたくないと思うことはありませんか?(私はあります。本当の自分を否定されることが怖いから。)

そんな夏目に共感する部分も多いと思います。

物語の中での人や妖との出会いも不思議と身近に感じられて、ついウルっときてしまいます(ノД`)・゜・。

最近ではネットが普及し、人とのつながり、関わり方も新しいものに変化してきました。しかし、夏目友人帳の物語の中では昔の手紙や、ものを通して人や妖と出会います。そうしたつながりは、懐かしさがあり、現代の人が忘れがちである感覚を思い出させてくれます。

人のやさしさ、あたたかさが自然と伝わってきます。

惹きつけられるキャラクター

夏目貴志

人も妖も理解したいというお人好しで、とても優しい性格です。

読者や視聴者が共感できる部分も多く、ついつい感情移入してしまいます。

他の登場人物からよく「白アスパラ」、「もやし」、「マッチ棒」など軟弱な体をディスられているところも面白いです。

ニャンコ先生

夏目友人帳の中でも大人気のキャラクターです。お酒と食べ物が大好きで、おじさんみたいなかわいらしさがあります。

夏目の用心棒であり、物語の中では頼れる存在でとても安心感を与えてくれます。

招き猫の依り代であるキュートな姿と、斑の時のかっこよく力強い姿とのギャップもたまりません!夏目と喧嘩することも多いですが、なんだかんだで夏目のことを気にかけている姿にキュンとします。

夏目レイコ

妖を見ることができ強い妖力を持っていたレイコは、幼い頃の夏目同様に人に馴染むことが出来ず、妖にちょっかいを出して過ごしていました。

毎日を退屈にに過ごしていた妖たちにとっては珍しい存在で、夏目以上に人とのかかわりを避けていたレイコのことを慕っていた妖も多くいます。

謎も多く、気になる点も多いので、これからの展開にも注目です!

藤原夫妻

ほぼ他人に近い、遠縁の夏目を引き取った夫妻です。親類の間をたらい回しにされ、居場所のなさを感じていた夏目にとって、本当の家族のように接してくれた藤原夫妻は大切であり、守りたい存在です。

夏目と塔子さんとのやり取りにもほっこりします。

アニメの音楽、豪華声優陣

漫画ももちろん素晴らしいですが、それに色、動き、声、音楽の加わったアニメは漫画とはまた違った良さがあります。

そんなアニメの魅力も項目に分けてまとめました!

声優紹介

  • 夏目貴志(cv:神谷浩史)

神谷さんは進撃の巨人のリヴァイ兵長、ワンピースのトラファルガー・ローなど、有名なアニメでもおなじみですよね!

真逆といってもいいキャラを演じているにもかかわらず、全く違和感がありません!

落ち着いた感じもありながら、どこか悲しさもある夏目のキャラにもピッタリです!

 

  • ニャンコ先生/斑(cv:井上和彦)

ニャンコ先生の時のチャーミングな声と斑の時の低い声のギャップがたまりません!絶大な人気を誇るニャンコ先生の魅力は、プリティーな見た目だけではなく、井上さんの声にもあります!

特にニャンコ先生の時には井上さんの愉快な人柄がより魅力を引き出しているように感じます!

 

  • 名取周一(cv:石田彰)

石田さんはエヴァンゲリオンの渚カヲル、サイコパスの縢 秀星を演じるなど、どの作品においても演技力をとても評価されています!

夏目友人帳でも、名取さんの怪しく、謎であるという漫画でのイメージを壊すことなく魅力的に表現しています!

主題歌

夏目友人帳ではどの主題歌もハズレがなく、ストーリーを引きたてています!

主題歌も夏目友人帳のあたたかいイメージや優しさを感じさせてくれるものばかりです。

どの曲も素晴らしいですが、特におすすめな曲を少し紹介します!

 

  • あの日タイムマシン/LONG SHOT PARTY

アニメ2期のOPです!「左回りの時計」という表現がなんだか好きです。不思議と歌詞がスッと入ってきて、穏やかな気持ちになります。

 

  • 僕にできること/HOW MERRY MARRY

アニメ3期のOPです!イントロから気分が上がる曲です。「ああ、夏目友人帳だなぁ」としみじみ感じられる曲です。

 

  • remember/Uru

劇場版の主題歌です!Uruさんといえば、ドラマ「中学聖日記」の主題歌も歌っておられますよね!

私はこの曲が公開されてから、狂ったように聞いていました( *´艸`)

イントロのピアノが何とも言えずいいですよね。とても優しい曲です。この曲を聴くと、映画のシーンが頭に浮かんできます。Uruさんの優しく透き通った歌声がまた素晴らしいです。

 

ぜひ他の曲も聞いてみてくださいね!!

BGM

夏目友人帳のBGMは聞くだけで穏やかな気持ちになれます。優しい気持ちにもなるし、切ない気持ちにもなる、そんなBGMです。

最後に

うまく文章で伝えきれなかった部分も多いですが、見たことがない人にはぜひ漫画でもアニメでも、一度見てほしい作品です。

私は今回の展示会にはいくことができず、本当に残念でなりません(>_<)

YouTubeでOPやBGMなど聞くことができるので、曲だけでも聞いてみてください!

読んで下さり、ありがとうございました!