漫画・アニメ

【アニメ】SAO見る順番を解説!『ソードアート・オンライン』 これまでのシリーズを振り返る

こんにちは、SAOシリーズをこよなく愛するシロ(@shiro_kitsune7)です!

アスナのフィギュアは枕元にあるガラスケースの最上段に飾ってるから、ベットから見上げるとアスナのスカートの中が見えてしまうという

「たとえ火の中 水の中 草の中 森の中〜♪

土の中 雲の中 あの子のスカートの中〜(きゃー)

口ずさんじゃうね(笑)バカヤロー

そんなことはどうでも良くて、

ついにアニメ『ソードアート・オンライン -アリシゼーション- War of Underworld』の最終章の放送開始日程が決まりましたね!!!

 

待ってましたぁぁああ

大変な時期ではありますが、制作してくださった方々に感謝です。ありがとうございます!

最新章が放送される前に、これまでのストーリーを振り返っておきたい。

所々私の感想も書かせてもらったので暇な時にでも読んでもらえると嬉しいです。

今回の最終章からアニメを見始めたいという方にも朗報!!

2020427日~630()1159分までAbemaTVSAOシリーズ全話無料配信中!こちらからどうぞ)

SAOシリーズはこれまでのストーリーとの結び付きが重要。伏線もあるので最新章だけ見ようなんてダメよ!



【年代別】SAO(ソードアート・オンライン)シリーズ正しい見る順番

  1. 【TVアニメ】 ソードアート・オンライン(2012年7月~)
  2. 【TVアニメ】 ソードアート・オンラインExtra Edition(2013年12月)※1期の総集編なのでメインストーリーには大きく関わりません。
  3. 【TVアニメ】ソードアート・オンラインII(2014年7月~)
  4. 【劇場版】 ソードアート・オンライン オーディナル・スケール(2017年2月)
  5. 【TVアニメ】ソードアート・オンラインオルタナティブ ガンゲイル(2018年4月~)
    ※外伝、スピンオフです。登場人物も違うので、後回しでもOK
  6. 【TVアニメ】ソードアート・オンライン アリシゼーション 3期1章(2018年10月~)
  7. 【TVアニメ】ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld 3期2章(2019年10月~)
  8. 【TVアニメ】ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld 3期最終章(2020年7月~)

①、③、⑥、⑦は確実に見ておきたいところ。

映画をとばして先にTVアニメのみを見てしまってもストーリー的に大きな問題はありませんが、細かい伏線なども楽しみたいのであれば、見ておくことをおすすめします(今期のSAOでは映画でのキャラクターがアニメオリジナル設定で絡んでくる可能性があります)

「ソードアート・オンライン」と「ソードアート・オンラインII」は内容的にも続けて見やすいので、一つの区切りとして押さえておくといいと思います。



「ソードアート・オンライン」(2012)

25話で構成された「ソードアート・オンライン」は、原作の「アインクラッド編」「フェアリィ・ダンス編」を描くストーリー。

114話までの「アインクラッド編」では「SAO」のデスゲームに巻き込まれたキリトやアスナ達が、現実世界に戻るためにゲーム攻略に挑んでいきます。

1525話「フェアリィ・ダンス編」では、「SAO」攻略後も意識が戻らないアスナを助けるために、キリトが新たなゲーム「アルヴヘイム・オンライン(ALO)」の世界へ。アスナ救出のために「世界樹」を目指していく物語。

個人的にはアインクラッド編はかなり好き。死と隣り合わせの緊迫感がたまりませんでした。須郷の気持ち悪さもなかなかよかったですね(笑)放送当時12歳だった私ですが、姉と一緒に毎週楽しみに見ていたことを思い出します。これが私のアニメ好きの入口でした。

「ソードアート・オンラインII(2014)

「ソードアート・オンラインⅡ」は全26話構成。

舞台は、「ガンゲイル・オンライン(GGO)」というゲームの世界。キリトは、「GGO」に出現した謎のプレイヤー「死銃(デス・ガン)」の調査を依頼され、ゲームへ。調査を進めていくにつれて「SAO事件」とも無関係ではないことが明らかに

114話「ファントム・バレット編」では「死銃事件」の解決。15話の総集編を挟み、1625話では外伝にあたる「マザーズ・ロザリオ編」が描かれます。ALO」で出会う、ユウキというプレイヤーとアスナがメインのエピソード。涙無しには見れません。

「マザーズ・ロザリオ編」でのユウキの「ぶつからなきゃ伝わらないことだってあるよ」(20話)。このセリフはめっちゃかっこよかった。

「劇場版 ソードアート・オンライン オーディナル・スケール」(2017)

「劇場版 ソードアート・オンラインオーディナル・スケール」は、原作にはない書き下ろしのエピソード。「マザーズ・ロザリオ編」の3ヶ月後が舞台になります。世間ではARマシン「オーグマー」と、それを使ったARMMORPG「オーディナル・スケール(OS)」が流行っていました。

キリトは、「SAO」のボスモンスターが「OS」にも出現するという噂を耳にします。アスナとともにゲームをプレイするも、キリトたち「SAO」帰還者が新たな陰謀に巻き込まれていく

曲もかっこよくて、ユナの歌が流れたときにはノリノリでした♪100層のボス戦でアスナとユウキが出てくるシーンはもう発狂レベル。きっとみんな大号泣。



「ソードアート・オンライン アリシゼーション」(2018)

25話構成の「ソードアート・オンライン アリシゼーション」は、「死銃事件」から半年後が舞台。「人界編」に当たります。

キリトは、同事件の実行犯の1人に現実世界で襲われて昏睡状態に。一方、キリトの意識は仮想世界「アンダーワールド(UW)」で目覚めて

エピソード19(18.5)はリコレクション。アリスへ向けてのキリトの語りによる総集編のようなものです。一気に見る方は飛ばしてしまってもストーリー的に大きな問題はありません。

アリシゼーションの曲はどれも大好きなのですが、特に「虹の彼方に」が良い。19話のエンディングで「虹の彼方に」が流れ出した時には、もうなんか言葉で言えない感情が溢れてきて頭に手がくっついて離れませんでした。何言ってんの

ユー―ジオォーーー

最終話でも「虹の彼方に」が流れ出した時から涙が止まらない…涙がボロッボロ出ますよ。しばらく部屋をぐるぐる回ってましたね。興奮すると変な行動しがちです。

「ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld(2019)

「大戦編」に当たる「ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld」は全12話構成。アンダーワールドの存続だけでなく、ボトムアップ型人工知能、さらには人類の未来までもをかけた戦いが始まる。

物語の大半キリトの意識がないので1部では「介護編」なんて呼ばれていますね。

キリトの活躍シーンがないのは少し寂しいですが、アスナやシノンの登場シーンには痺れました。

とても続きの気になる形で終わっているので、7月からの最終章が待ちきれませんね。

おわりに

ソードアート・オンラインは複数の魅力的なキャラクターに、それの成長がたまりませんよね。かっこいい戦闘シーンから感動的な場面まですべてに熱中してしまいます。

さまざまな出来事があり、その中での悩みや葛藤が視聴者にもとてもよく伝わってきます。見たことがある方はもちろん、まだ見たことがないよという方もこれを機会にぜひ見てほしい。

アリシゼーションに入ってからが好きな方も多いようですが、やっぱり私は「アインクラッド編」のドキドキ感が1番好きです。

作品について語りたいことは山のようにあるのですが、止まらなくなるのでこの辺で。

 

7月に始まるアリシゼーション最終章までにぜひもう一度見返して、より楽しみましょう!

最後まで読んでくださりありがとうございました。